インプラント治療後の検診について

「インプラントを入れたらそれで安心」

そんなふうに思っていませんか? しかしそれは大きな間違い。いくらインプラントの強度が高く機能性に優れているといっても、メインテナンスを怠ってしまえば、本物の歯と同じようにいずれ使えなくなってしまいます。

熊谷市のふかざわ歯科クリニックでは、大切なインプラントをずっとお守りするため、治療を受けられた方には定期的にメインテナンスにお越しいただくようご案内しています。メインテナンスでは、お口全体の衛生状態の確認や歯のクリーニングなどを行い、歯石やプラークを徹底除去。また、レントゲン撮影を行い、咬み合わせのチェックなども行います。

PICK UP 咬み合わせのチェックが重要です

咬み合わせのチェックが重要です

It is important to check the occlusion

インプラントは本物の歯と違い経年による移動がなく、硬度が高いのが特徴です。そのため、経年とともに少しずつ移動したり、すり減ったりしていく本物の歯との間に微妙な咬み合わせのずれが生じてしまいます。この咬み合わせのずれを放っておくと、インプラントに強い力がかかり破損してしまうことがあるので要注意。定期的に咬み合わせをチェックして、トラブルを未然に防ぐことが大切です。

インプラント周囲炎

インプラント治療を行った後、特に注意が必要なのが「インプラント周囲炎」です。これは、インプラントの周りの歯ぐきや人工歯根を支えている顎の骨に炎症が起きる病気で、インプラント周囲炎になってしまうと、せっかく埋め込んだ人工歯根を除去しなければいけなくなることもあります。

インプラント周囲炎の原因

インプラント周囲炎は歯周病と非常に近い病気で、原因も歯周病と同じ歯石やプラーク。歯石やプラークの中に潜む細菌によって、歯ぐきや顎の骨が炎症を起こしてしまいます。そのため、しっかりとブラッシングを行うことがとても大切。定期的に歯科医院でメインテナンスを受けるなど、口腔内を常に清潔に保っておけば、インプラント周囲炎のリスクは大幅に減少できるのです。

ケアの意識を持つことが大切です

ケアの意識を持つことが大切です

It is important to have a sense of care

インプラント自体は半永久的に使えるものですが、肝心なのはインプラントを支える周囲の組織の健康状態。つまり、患者さん事態のケア次第で、インプラントの寿命は変わってくるのです。大切なのは、どれだけケアの意識を高く持ち、口腔内の健康状態を保てるかということ。当院では、インプラント治療後のメンテナンスを徹底することはもちろん、患者さんにケアの重要性をお伝えすることを大切にしています。

インプラント治療の注意点

  • インプラント治療の注意点
  • 入れ歯・ブリッジとインプラント
  • メインテナンスの重要性

本物の歯のケアもしっかりと――お口全体の健康状態を維持し、ずっと咬める歯を守りましょう。当院の予防・クリーニングについてはこちら

ページ上部へ戻る

048-530-4181

診療時間表

診療予約
院長ブログ

診療予約

048-530-4181
診療時間表
院長ブログ