あなたは大丈夫?本当はこわい病気「歯周病」

ブラッシングをすると歯ぐきから血が出る……口臭がきつくなった気がする……

こんな症状はありませんか? それはもしかしたら歯周病かもしれません。歯周病は痛みなどの自覚症状がないまま進行します。そのため歯周病に気づく人も、歯周病を疑う人もほとんどいません。しかし実際は日本人の成人の約8割がかかっているとされる病気。そして日本人が歯を失う原因の第1位とされるおそろしい病気なのです。

また、歯周病は全身疾患を引き起こす要因にもなると指摘されており、近年では特に早期発見・早期治療が求められるようになっています。

歯周病による身体への悪影響

肺炎 心臓疾患
歯周病菌が肺へと感染することで、肺炎を発症することがあります。 歯周病菌が体内に入り込むと血栓をつくることがあり、この血栓が動脈硬化や心筋梗塞を引き起こすことがあります。また、心臓の内側にある心内膜の炎症を引き起こすこともあります。
糖尿病 早産
糖尿病を患っていると、歯周病になりやすいという研究結果があります。また逆に、歯周病菌が糖尿病を悪化させてしまうこともわかってきています。 重度の歯周病にかかった母親は、早産や低体重児出産のリスクが通常のおよそ7倍も高いという結果が報告されています。

ふかざわ歯科クリニックの歯周病治療

歯周病をしっかりと診断するために

熊谷市のふかざわ歯科クリニックでは、歯周病の早期発見・早期治療を行うため、正確な診断に努めています。「思い当たる症状はないから大丈夫」と思っている方も、もしかしたら歯周病にかかっているかもしれません。手遅れになってしまう前に――まずは一度、当院の検査をお受けください。

位相差顕微鏡による細菌検査

位相差顕微鏡を使うことで、お口の中の菌の状態をモニターに映すことができます。歯周病菌の有無を患者さんと一緒に確認しながら治療法についてご説明します。

BMLによる歯周病リスク検査

お口の中の歯周病菌の数を調べる検査で、歯周病のリスク判定を行っています。だ液を採取してお口の中を総合的に調べる検査で、2週間ほどで精度の高い検査結果をお知らせできます。

歯周病治療の流れ

STEP1 問診
歯周病を進行させるリスクとなる不規則な生活習慣や全身疾患の有無についておたずねします。
資料作成・ご説明


※画像はクリックすると拡大します。

視覚的に口腔内の状況をご確認いただくため、患者さん専用の資料を作成しています。まずはお口の状態について、丁寧にご説明します。

STEP2 口腔内検査
むし歯や被せ物、詰め物などが歯周病を悪化させる原因となっていないか検査をします。

STEP3 歯周病検査
位相差顕微鏡やBMLによる歯周病リスク検査で、歯周病がどの程度進行しているか調べます。

STEP4 治療開始
治療を開始します。当院では、通常であれば抜歯が必要とされるような重度の歯周病でも、できるかぎり歯を残す治療を行っています。内科的治療、外科処置、再生治療などを組み合わせ、より最適な治療を行いますので、安心しておまかせください。
デンタルエイジ計算


※画像はクリックすると拡大します。

実年齢とは異なる口腔内の年齢を特殊な計算式を使って計算します。今後のお口の健康維持についても、じっくりとお話しします。
治療計画書の提出


※画像はクリックすると拡大します。

治療は治療計画書にそって進めていきます。ご不明な点などがありましたら、遠慮なくおたずねください。

薬の服用による歯周病治療にも対応しています

インプラント治療に対する考え

ワンポイントアドバイス

薬の服用による歯周病治療にも対応しています

当院では、ジスロマックという抗生物質を用いた歯周病治療もご提供しています。この薬は、1日1回(2錠)、3日間の服用で歯周病菌に対して強い抗菌力を発揮するもので、副作用が非常に少ないのが特徴です。患者さんの症状に合わせてご提案いたします。

歯周病により歯周組織が破壊されてしまった場合、インプラント治療などが受けられないことがあります。その場合に行うのが「歯周再生治療」。当院では「GTR」「エムドゲイン」「GEM21」といった方法のなかから最適な方法で、歯周再生治療を行っています。顎の骨が足りないことなどが原因でインプラント治療を断られた、という方も、どうぞお気軽にご相談ください。

GTR エムドゲイン GEM21
顎の骨が溶けてしまった部分に歯肉が入るのを特殊な膜で防ぎ、骨の再生を促す方法です。 エムドゲイン・ゲルという薬剤を顎の骨の欠損部に入れ、歯肉の侵入を防ぐのと同時に効果的に骨の再生を促す方法です。 エムドゲインと同様の方法で、特殊な液体と粉を混ぜ合わせた物質を詰めて骨の再生を促す方法です。

ページ上部へ戻る

048-530-4181

診療時間表

診療予約
院長ブログ

診療予約

048-530-4181
診療時間表
院長ブログ